アグランササッカースクールについて

埼玉県に魅力のあるサッカークラブを作りたい!

アグランサスポーツクラブのジュニアサッカースクールは、現役選手が指導する小学1年生~小学6年生を対象としたサッカースクールです。スタッフやコーチ陣は元プロ選手、JFA(日本サッカー協会)公認ライセンスコーチ、高校選手権全国大会出場者をはじめ、一流技術と経験豊富の持ち主なります。団体競技ならではの魅力・楽しさを子供たちに知ってもらい、勝つことの喜び・仲間の大切さを伝えていきたいと思います。

スクールコンセプト

アグランササッカースクールでは、『どんな時も120%でプレーする』という事を大切にしています。ピッチに立てば性別、年齢は関係ないと思っています。常に全力でプレーする事で出来る、出来ないの前にもっと大切な事を気づいてもらえるサッカースクールにしたいと思っています。サッカーの経験では無く『どんな時も120%でプレーする』という姿勢を大切にしています。仲間を大切にし、元気な挨拶、感謝の気持ちを忘れずに、サッカーのスキルアップだけではなく、将来素晴らしい大人へと成長できるよう人として大切なことも子供たちにしっかりと伝えていきたいと思います。子供たちにとってアグランサスポーツクラブは、大好きなサッカーをより楽しみ、一生の仲間を作ることのできる場所にしていきます。

スクールエンブレム

「Agranza」はスペイン語の造語です。

感謝「agradecimiento」と自信「confianza」を合わせました。

グラウンドでプレー出来る感謝を忘れずに自信を持ってグラウンドで1人1人の色を表現して欲しいという想いを込めています。

代表挨拶

素晴らしいサッカー選手である前に、素晴らしい人間でなければいけない! しっかりと挨拶が出来る、相手を思いやり、グラウンドでプレー出来る事に感謝をする心が必要です。 サッカーというスポーツを通じて当たり前の事が当たり前に出来るサッカー選手になって欲しいと想っています。サッカーを120%で夢中になる事で、大人になり社会に出た時に自分にとって大きな財産になってくれると思っています。 練習以外にも地域の掃除活動にも参加した事がありますが、子供達が夢中になっている姿がありました。 子供達の為に、子供達の笑顔の為に子供達には様々な事を学んで欲しいと感じています!10年後、20年後にアグランサスポーツクラブのサッカースクールに参加していて良かったと想ってもらえるようなサッカースクールにしたいと思います。

代表プロフィール

3歳でサッカーを始め、埼玉の名門・新座片山に入団。 得点感覚に優れ、スピードを武器にエースとして活躍し全国大会に出場。埼玉県22年の歴史で初の3冠を達成し、第22回埼玉県サッカー大会を見事優勝、最優秀選手賞に選ばれる。 その後、ロクFCジュニアユースで関東大会出場に出場し、サッカー推薦で大宮東高校サッカー部に入部する。3年生の時に高校サッカー選手権埼玉県予選・準優勝を経験する。

各カテゴリーにて結果を残すとアルゼンチンのチームにスカウトされ高校を卒業と同時に アルゼンチンに渡りプロサッカー選手として活躍。

日本に帰国後、指導者として活動を始めサッカー協会公認C級ライセンスを取得。 幼稚園から大人まで幅広い年代を指導。 指導の傍ら、フットサル関東1部リーグ・ゾット早稲田でプレー。 フットサル県1部ロクFC在籍時には、現フットサル日本代表・小曽戸選手とコンビを組み関東大会出場。小曽戸選手をフットサルの世界に引き込んだのが加藤貴行。 埼玉県選抜、東京都選抜、関東リーグオールスターにも毎年選出され、大きな期待を背負いプレーをしている。


アグランサ サッカースクールの様子が富士見市のホームページで紹介!